有名カードローン会社の紹介とローン関連の記事を紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
債権者は、債務者から元本(元金)、及び利息を受け取る(回収する)権利があり、債務者は、融資金額の元本と、融資金額にかかる利息を支払う(返済する)義務がある。

元利均等返済
各返済日において、一回の返済額が毎回同額の返済方式である。
毎回同じ金額を返済するが、ローン残高が多い返済初期は、返済金額の内訳における利息分が多くなり、元本返済分が少なくなる。
返済が進むにつれ、返済金額の内訳における元本返済分の割合が増加するため、返済初期にはなかなか元金が減らず、返済後期には加速度的に元金が減少していく。
この返済方式は、各返済日におけるキャッシュフローが一定であるため、債務者が認識する返済金額が判りやすいという利点がある。一方、ローンの返済期間の初めのうちは返済額のうち、利息の支払に充当される割合が多く、ローン残高が減りにくいという特徴がある。また、債務者にとって元金と利息をいくら返済しているのかが判りづらいため、元金残高がいくらであるのかも判りづらいという欠点がある。
一般的には住宅ローンなどで採用されている。
父の会社のローンの連帯保証人になるべきでしょうか?

父の会社のローンの連帯保証人になるべきでしょうか?実家の父が有限会社を経営しています。実家は父(68歳)、母(無職65歳)の2人暮しです。私は30歳代中盤でサラリーマンをしており、結婚2年目で妻と2人暮しです。父の会社は現在、銀行への返済残高が1000万円程度(有限会社名義の自宅ローン残高700万、(続きを読む)


ローン・借入について皆様の知恵をお借りしたく存じます。去年11月頃より個人事業....

ローン・借入について皆様の知恵をお借りしたく存じます。去年11月頃より個人事業を営んでおります。3年前3社から現在まで200万円借入ており、ついこの間の年末~年始に掛けて仕入れ代金等の支払いがあり、大口のキャッシングカードを残し、他小口のカードキャッシング4社にて300万弱の支払いをしました。現在5(続きを読む)


銀行等金融機関取扱いの『フリーローン』について

銀行等金融機関取扱いの『フリーローン』についてはじめまして。皆様にご質問させて下さい。金融機関等取扱の無担保・無保証人での契約が可能な大口の『フリーローン』を利用したいのですが、これまで取引のない銀行等でいきなり融資最大限度額(300~500万)を借受けることが可能でしょうか??当方の属性は…性別:(続きを読む)


弁済の提供があった場合
弁済の提供があった場合、債務者は以後、債務不履行責任を負わない(492条)。 債権者が弁済の提供を受領すると、弁済が成立し、債権は目的を達して消滅する。弁済の提供があったのに債権者が受領しない場合は弁済は成立せず、受領遅滞等の問題となる。


調停委員会の組織と権限

裁判所は、特定調停を行う調停委員会を組織する民事調停委員として、事件の性質に応じて必要な法律、税務、金融、企業の財務、資産の評価等に関する専門的な知識経験を有する者を指定するものとされている(特定調停法8条)。地方裁判所ごとに管内の各種団体から有識者の推薦を受けて民事調停委員が選任されており、事件ごとに調停委員名簿の中から適宜調停委員会を組織する民事調停委員を指定しているようである。


役に立っら1ポチお願いします
FC2 Blog Ranking


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://card001.blog101.fc2.com/tb.php/3186-fdb2e00c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。