有名カードローン会社の紹介とローン関連の記事を紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
返済

元金均等返済
各返済日において、一回の元本の返済額が毎回同額の返済方式である。
毎回同じ金額の元金に、利息を加えた金額を返済する。ローン残高が多い返済初期は、当然利息金額も多くなるために一回あたりの返済金額が上昇する。
返済が進むにつれ、一回あたりの返済金額は減少していく。
この返済方式は、各返済日における元本の支払いが一定であるため、債務者にとってローンの残高、毎回の利息の支払額を認識しやすく、最終返済がいつであるのかが判りやすいという利点がある。しかしながら、利息の支払いについては元本残高にかかるために一定ではないため、借入直後の返済において利息の負担が大きく、借り入れ直後は現預金の手許残高に注意する必要がある。
コーポレートローンにおいて採用されている。


消費者金融の交通広告

電車内や駅構内などの広告スペースに、専業大手や銀行グループ、クレジットカード、不動産担保融資の貸金業者の広告が掲示されていることが多い。


家族法の構成

家族法のうち、親族関係に関するルール(親族法)は、夫婦関係を規律するルール(婚姻法)、親子関係を規律するルール(親子法)がまず切り分けられるが、その他の親族関係についても扶養義務を中心としたルールが必要となる。また、親権に関するルールは親子法に含まれるが、編成上は親子法から切り分けられて規定されている。これは成年後見制度と一括して制限行為能力者に対する監督に関するルールとして把握することによるものと考えられる。

相続法については、主として相続人に関するルール、相続財産に関するルール、相続財産の分割に関するルール、相続財産の清算に関するルールに分けられる。その他、遺言に関して、遺言の内容が必ずしも相続に関することを含まないこともあり、いわゆる遺言法を相続法と区別する立法もあるが、日本では相続法に含めて立法化しており、それに伴い相続による生活保障と遺言との調整の観点から、遺留分に関するルールを置いている。もっとも、これらを通じた規定について総則にまとめる方式が採用されていることもあり、法文上は、これらのルールが明確に区別されていない部分がある。


特定調停か任意整理で迷っています

特定調停か任意整理で迷っています消費者金融4社、銀行2社、カードローン2社の借り入れ状態です。債務整理を決意したのですが特定調停というものもあることを知りました。過払いは無いと思いますしできればカードを一つ残したいからです。消費者金融のアコムとカードローンのNicosはどちらも18%の金利なので整理(続きを読む)


債務整理後の残債務の支払額について。

債務整理後の残債務の支払額について。ただいま債務整理中です。受任して頂いた司法書士から連絡があり、引きなおし計算をした後の後の残債務額が280万で月々78000円を支払えますか?と連絡がきました。とても月々78000円は払えないのですが、三年で払えないと自己破産しかないのでしょうか?もう少し返済額を(続きを読む)


昨日、債務整理をしてきました....

昨日、債務整理をしてきました....皆さんの知恵(経験等)を参考にしたいと思い投稿させていただきます。以前から、消費者金融とお取引があり、今現在5社(総額310万)長いもので6年弱と4年ぐらいで毎月遅延なく返済してきました。(返しては借りるの状態です)特にギャンブル等ではなく、当初は引越し資金などの(続きを読む)


役に立っら1ポチお願いします
FC2 Blog Ranking



消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://card001.blog101.fc2.com/tb.php/3191-7924eb9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。