有名カードローン会社の紹介とローン関連の記事を紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抵当権

制限物権の中で最も理解の必要性が高いのは抵当権である。

抵当権は、債権の担保(多くの場合、金銭債権の担保)として、不動産(又は地上権・永小作権)について設定される担保物権である。

抵当権は、主として債権者(抵当権者)と所有者(抵当権設定者)との抵当権設定契約により成立し、売買契約の物権的効果として所有権が移転したのと同様の構造で、抵当権設定契約の物権的効果として、債権者が不動産について抵当権を取得する。債務者でなくとも抵当権設定者になることはでき、そのときは、他人の債務のために所有物を担保に供するという関係であり、物上保証という。

抵当権で最も重要な効力は、優先弁済的効力(第369条)であり、抵当債務者が弁済期に弁済しないときは、抵当権者(債権者)は、民事執行法の不動産競売(けいばい)等の手続により、目的物を強制的に売却した代金から債権の弁済を受けることができる。

抵当権の効力が及ぶ目的物の範囲について、例えば、建物についての抵当権は家具や土地賃借権にも及ぶか等の議論がある。この点、古い判例ではあるが87条2項の処分を抵当権の「設定」ととらえ、抵当権設定前の従物には抵当権が及ばないとしたものがある。(但し通説は370 条により抵当権の設定時期の前後を問わず従物に抵当権の効力が及ぶものとしている。)また、抵当権の目的物の交換価値が具体化されたものにも抵当権は及ぶとされ、物上代位性(第304条)と呼ばれる。例えば、目的物である建物が火災で滅失したとき、建物の火災保険金に抵当権が及ぶか否か、また物上代位における差し押さえの意義などが議論される。


知人から相談を受けました以前にサラ金二社から二百万円借りていて三井住友のおま....

知人から相談を受けました以前にサラ金二社から二百万円借りていて三井住友のおまとめローンで返済したのですが今生活が苦しく返済したカードを使いたいらしいのですがおまとめローンを借りた時に返済したカードは使わないでと言われたらしいのですがカードを使うとまずいのでしょうか?三井住友はまだ返済中との事です長文(続きを読む)


役に立っら1ポチお願いします
FC2 Blog Ranking



消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://card001.blog101.fc2.com/tb.php/3469-32c9a014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。