有名カードローン会社の紹介とローン関連の記事を紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャッシングは便利なサービスですが、いくつか気をつけなければいけない点があります。

まずは当然ながら、「ちゃんと返せるかどうか」ということです。

現在の状況をしっかりと把握し、年間返済額を計算した上で、返済計画をきちんと立てておきましょう。

使いすぎ、借りすぎに注意をして借り入れと返済のバランスを考えなければいけません。

目安は、毎月の支払い合計額が、月収の20%を超えないこと。(目安は5%~10%)

また、借入れの合計額は、年収を超えないことです。(目安は50%)

これを超えてしまうと、返済は難しくなると言われています。

しっかりと確認しましょう。

また、借りる際は、必要最低限の金額を借り、短期間に返済することがポイントです。

長期間ずるずると借りていると、利子もそれだけかさんでしまいます。

余裕ができたら少しでも返済すれば、利子もそれだけ安くなるのです。

いったん返済が滞ると、延滞損害金といって、割り増しの利息(利息制限法の法定金利の1.46倍以内)を支払わなければいけなくなったり、ブラックリストに登録され、他の金融業者からの借り入れができなくなったりしますので、必ず返済するようにしましょう。

ヤミ金のような悪徳業者にも注意しなければいけません。

新聞の折り込み広告、街頭や電柱の立て看板、電話ボックスの張り紙など、甘い広告には要注意です。

必ず、登録番号を確認した上で、信頼のおける企業から借入れをしましょう。



オリジナルページ:キャッシュページ
http://cashpage.ddo.jp/contents-48.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-02-18 ]
http://www.freearticle.jp/contents-321.htm

なぜ司法書士が債務整理できるようになったのですか?

なぜ司法書士が債務整理できるようになったのですか?2,3年前位前までは債務整理受任できるの、弁護士だけでしたよね? 今でも金額的に扱える・扱えないはあるかとは思うのですが。 司法書士の中でも試験があるんでしたっけ? 登記専門とか債務整理専門とか分かれてくると思うけど、本来は登記だと思うのです。(続きを読む)


役に立っら1ポチお願いします
FC2 Blog Ranking



消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://card001.blog101.fc2.com/tb.php/3615-ddfb018b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。