有名カードローン会社の紹介とローン関連の記事を紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ

アメリカでは、サブプライム問題で日々の生活費の調達が困難になった個人がペイデイローン(payday loan)を利用するケースが増え、ペイデイローンを取り扱う企業の収益が増加している[50]。ペイデイローンの利息は年利率換算で数百パーセントに達する場合がある。


結婚してた時に多数のサラ金からお金を借りてたんですけど離婚後に返済をほっとき...

結婚してた時に多数のサラ金からお金を借りてたんですけど離婚後に返済をほっとき10年位経つんですけど今日初めて債権譲渡譲受通知書ってのが2社から届きものすごい金額で・・なんで今になって? 2社から来たって事は他社からもこれから取り立てが来る気がしてドキドキです。自己破産を早急にするしか助かる方法ない(続きを読む)




役に立っら1ポチお願いします
FC2 Blog Ranking


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://card001.blog101.fc2.com/tb.php/3900-e29c1063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。