FC2ブログ
有名カードローン会社の紹介とローン関連の記事を紹介
弁済の提供がなく債務者に帰責性がない場合

弁済の提供がなく、債務者に帰責性がない場合は、債務は存続するのが原則である。 債務の履行が不能になった場合は債務は消滅する。 ただし、双務契約から生じた債務の一方が不能になった場合には、危険負担の規定があり、他方の債務も消滅する場合がある。

債務者Aに帰責事由がない場合(隣家の火事による延焼で建物が焼失したような場合)、BのAに対する建物引渡請求権は、損害賠償請求権に転化することなく、当然に消滅する。残るは、Bの反対債務(代金債務)が存続するか、消滅するかであるが、これを危険負担の問題という。建物のような特定物の売買については、債権者Bが危険を負担する、すなわち代金債務は存続する(534条、債権者主義)というのが民法の原則であるが、この規定は制限的に適用すべきだとする見解も有力である(ただし、危険負担は任意規定であり、これと異なる特約等があれば排除される)。

住宅ローン(セカンドハウスローン)を組むことができるのか教えてください? 5...

住宅ローン(セカンドハウスローン)を組むことができるのか教えてください? 5年前に相続のことも考えて、実家の建てかえのため私名義で1800万の住宅ローンを組みました。実際のローンの返済は親がしております。現在は実家に両親が住んでおりますが、住宅ローンを組んでいるため他にローンを組むことできないと思(続きを読む)




SB孫社長 個人で100億円寄付


役に立っら1ポチお願いします
FC2 Blog Ranking



破産、借金問題解決へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://card001.blog101.fc2.com/tb.php/4098-5dd4751f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック