FC2ブログ
有名カードローン会社の紹介とローン関連の記事を紹介
抵当権

制限物権の中で最も理解の必要性が高いのは抵当権である。

抵当権は、債権の担保(多くの場合、金銭債権の担保)として、不動産(又は地上権・永小作権)について設定される担保物権である。

抵当権は、主として債権者(抵当権者)と所有者(抵当権設定者)との抵当権設定契約により成立し、売買契約の物権的効果として所有権が移転したのと同様の構造で、抵当権設定契約の物権的効果として、債権者が不動産について抵当権を取得する。債務者でなくとも抵当権設定者になることはでき、そのときは、他人の債務のために所有物を担保に供するという関係であり、物上保証という。

抵当権で最も重要な効力は、優先弁済的効力(第369条)であり、抵当債務者が弁済期に弁済しないときは、抵当権者(債権者)は、民事執行法の不動産競売(けいばい)等の手続により、目的物を強制的に売却した代金から債権の弁済を受けることができる。

抵当権の効力が及ぶ目的物の範囲について、例えば、建物についての抵当権は家具や土地賃借権にも及ぶか等の議論がある。この点、古い判例ではあるが87条2項の処分を抵当権の「設定」ととらえ、抵当権設定前の従物には抵当権が及ばないとしたものがある。(但し通説は370 条により抵当権の設定時期の前後を問わず従物に抵当権の効力が及ぶものとしている。)また、抵当権の目的物の交換価値が具体化されたものにも抵当権は及ぶとされ、物上代位性(第304条)と呼ばれる。例えば、目的物である建物が火災で滅失したとき、建物の火災保険金に抵当権が及ぶか否か、また物上代位における差し押さえの意義などが議論される。

銀行の不動産査定は、誰がするのかな? 不動産を担保にローンを組む際、担保評価す...

銀行の不動産査定は、誰がするのかな? 不動産を担保にローンを組む際、担保評価するのは専門家(例えば不動産鑑定士等)に依頼するのでしょうか? それとも銀行内で専門に不動産評価をする部署があるのでしょうか? 銀行関係者なら よくお分かりですよね。(続きを読む)




ネット証券4社が初の専用投信


役に立っら1ポチお願いします
FC2 Blog Ranking



破産、借金問題解決へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://card001.blog101.fc2.com/tb.php/4204-9614e0bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック