FC2ブログ
有名カードローン会社の紹介とローン関連の記事を紹介
金利について

かつては、法定の契約書類・受取証書が整備され、契約者が納得の上で自主的に払っている「任意の弁済」である場合は金利の支払として有効となり、消費者は返還を求めることができないとされていた。これをみなし弁済(貸金業法43 条)という。しかし実際には、判例により上記要件の一つとしての受領書(18条書面)の発行が銀行振込での返済時にも要求されるなど、貸金業法43条はみなし弁済が認められることはほとんどないと言ってよいほど厳格に解されており、また、最高裁における一連の判決によって、みなし弁済が成立する可能性はほとんど無くなった。

消費者金融に利息をどのくらい払えばいいのか分かりません。 先日新聞で法律で決...

消費者金融に利息をどのくらい払えばいいのか分かりません。 先日新聞で法律で決まっている利息は最高20%までですが、警察が取り締まれるのは29.2%を超えている場合(うろ覚えですが)なので、そのあいだをグレーゾーン金利といい、だいたいの消費者金融がそのグレーゾーンで貸し付けている。という記事を読みま(続きを読む)




関電 福井の核燃料税増容認へ


役に立っら1ポチお願いします
FC2 Blog Ranking



破産、借金問題解決へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://card001.blog101.fc2.com/tb.php/4206-56ce5395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック