有名カードローン会社の紹介とローン関連の記事を紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事を引用し、優良サイト様を紹介します。



☆・カテゴリー別に載せていますので、重複タイトルも御座います。


☆・一部、不快な表現のある場合があります。


☆・紹介記事の質問は、お答えかねます、各サイト様にてお尋ね下さい。


☆・当サイトへのコメントは大歓迎です、励みになります。


☆・リンクフリーです、貼っていただけるなら大歓迎!


☆・ランキングにも参加してますので、役に立ててれば、ランキングバナーがありますので、ポチっと^^



債務不履行の類型化



日本の法学界において債務不履行は、ドイツ民法学に倣って以下の3つの類型に分けて考えられてきた(ただし日本の民法典においてこれらの分類が用いられているわけではない)。



履行遅滞(りこうちたい)

履行期を過ぎても債務が履行されないことを言う。例えば、2月3日までに豆を届けるという契約において、3日を過ぎても豆が届かない場合である。

履行不能(りこうふのう)

契約を結んだ後に何らかの理由で債務の履行が不可能になった場合のことを言う。例えば、ゴッホの絵を買う契約をしたが、それを引き渡すまでの間に火災によって絵が燃えてしまった場合がこれにあたる。

不完全履行(ふかんぜんりこう)(積極的債権侵害)

一応債務は履行されたものの、その内容が不完全である場合をいう。例えば、ビール3本を注文したのに2本しか届かないというのがこれにあたる。



これに対して近時の有力説によると以下のように分類される。



* 本旨不履行

* 履行不能



このうち本旨不履行については帰責事由は要件ではない(したがって無過失の抗弁は認められない。ただし不可抗力の抗弁は認められるという。)が、履行不能については危険負担との関係から帰責事由が要件となる(したがって無過失の抗弁は認められる。)。判例は従来の通説に従って一般的に帰責事由を要件としており、民法現代語化の際にこれが条文化されそうになったが、前記有力説からの反対が強く、現在においても条文上は履行不能についてのみ帰責事由が抗弁として規定されている。アパート経営を検討中ですがフルローンが出来るところもあり 自己資金なくても家賃...

アパート経営を検討中ですがフルローンが出来るところもあり 自己資金なくても家賃収入を得られるわけですが なぜこうしたビジネスを個人が出来るのでしょうか? 不動産業者が全てビジネス囲込みをしないのでしょう?(続きを読む)




コンビニ飽和? 大手3社戦略は


役に立っら1ポチお願いします
FC2 Blog Ranking



破産、借金問題解決へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://card001.blog101.fc2.com/tb.php/4872-58458915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。