有名カードローン会社の紹介とローン関連の記事を紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事を引用し、優良サイト様を紹介します。



☆・カテゴリー別に載せていますので、重複タイトルも御座います。


☆・一部、不快な表現のある場合があります。


☆・紹介記事の質問は、お答えかねます、各サイト様にてお尋ね下さい。


☆・当サイトへのコメントは大歓迎です、励みになります。


☆・リンクフリーです、貼っていただけるなら大歓迎!


☆・ランキングにも参加してますので、役に立ててれば、ランキングバナーがありますので、ポチっと^^



例外としての債権者主義



民法は、次のような場合には、例外として債権者主義(債権者が履行不能の危険を負担する)をとる。



1. 特定物についての物権の設定移転の場合(534条1項)[2]

2. 停止条件付双務契約の目的物が債務者の責めに帰することができない事由によって損傷した場合(535条2項)

3. 債務や物の消滅について債権者に帰責性がある場合(536条2項)



上記1の例でいえば、買主Bが引渡し前に下見をした際に失火して、Aの別荘が消滅すれば、別荘引渡債務の債権者であるBの代金支払債務は存続する。このため、引渡債務の債権者Bは債務者Aから別荘の引渡しを受けられないにもかかわらず代金の3000万円は支払わなければならないという結論になる。この場合、消滅した債務の債権者(別荘の買主 B)が、目的物が消滅したことによるリスクを負担したということになる。



住宅ローンの借り換えについての質問です。以下の条件ですができるでしょうか? 1...

住宅ローンの借り換えについての質問です。以下の条件ですができるでしょうか? 1、夫の転勤の為、ローン物件には居住していない。 2、現在は賃貸契約中 3、夫婦共有名義 追記・旧住公の段階金利適用の年になり4%になる。 ・ローン契約時は妻の収入のほうが多かった為、ローンは妻名義である。 ・現在(続きを読む)




東北3生協 風力発電に参入


役に立っら1ポチお願いします
FC2 Blog Ranking



破産、借金問題解決へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://card001.blog101.fc2.com/tb.php/4903-a7ff9db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。